1. TOP
  2. 会社情報
  3. 組織・ネットワーク
組織・ネットワーク

Organization

組織機構図

(2019年7月現在)

主な部局紹介

総務局

人事、労務から不動産などの施設管理まで、「ヒト」「モノ」に関する事象を担当。

経理局

予算・決算、財務、通信料などの集計集金などを担当。

編集局

東京本社の各部署や国内外にいる記者が収集したニュースや提携外国通信社から入ってくる海外ニュースを内外に発信する「情報基地」。

政治部

首相や与野党の幹部を追い、政局の流れをつかむとともに、外交・安保、税財政改革、社会保障など政策全般の動向を報じている。

経済部

経済官庁への取材を通じて経済政策全般を幅広くカバーするとともに、金融市場における金利、為替、株価の動きを日々報道。さらに国内の多様な産業をカバーし、個々の企業の経営・財務、生産体制、新技術についての記事を配信している。

内政部

国内行政全般のニュースを扱う。中央官庁を取材対象とし、地方自治体と住民に影響を与える地方税財政や公共事業、社会保障、環境などに関する国の政策をカバー。併せて、全国の支社総支局を通じた自治体取材により、国の政策を先取りした先導的な自治体の政策や地方政治の動向を報じている。

社会部

経済活動や市民生活に大きな影響を及ぼす事件、事故を追いかけ、刻々と変化する事象を速報で報じている。

運動部

スポーツ全般の取材を通じて、マスメディア各社をはじめとする契約社に、スポーツ関連ニュース(記事と記録)のサービスを行っている。カバー範囲は、五輪競技からプロ・アマ野球、Jリーグ、大相撲、ゴルフ、競馬など多岐にわたっている。

水産部

全国の水産関係情報をコンパクトで分かりやすく提供している。ほかにも業界から行政、民間企業に至るまで、魚に関するトピックスをサービスしている。

外信部

戦争、米大統領選挙といった世界を動かす大ニュースから、各国の政治・外交、テロ・事件・事故、街ダネまで、国際ニュースを24時間体制で報じている。

外国経済部

世界のあらゆる主要経済関係ニュースをいち早く入手し、国内の金融機関、企業、マスメディア、官庁などに配信している。

文化特信部

文化や生活を幅広くカバーし、国際情勢に関する識者の論考から、芸能人の結婚まで、取り扱う範囲は硬軟雑多。

英文部

英語で日本の経済、産業、政治、外交などのニュースを国内外の読者に向けて編集・発信している。

写真部

ニュース発生の一報でカメラマンが現場へ急行し、最前線で決定的瞬間を狙う。

システム開発局

社内外から集まる記事やデータを読者へ届ける配信システムを開発し、世界に広がるネットワークを管理している。

業務局

企業、官公庁などの法人向けに営業活動を行う。ニュースをはじめとする各種情報サービスの販売から、セミナーなどのイベント開催、広告、時事通信ホールの運営などを担当する。

マーケット局

2019年7月発足の新組織。銀行や証券会社、商社等へ実務に必要なニュースやマーケットデータなどを提供している。編集、システム、ビジネスの各職種が一体で事業に取り組む。

総合メディア局

ニュースポータルサイトやSNS向けのコンテンツ販売、時事ドットコム上の広告企画・営業、新聞・放送向け配信契約にかかわる営業交渉、海外事業の営業統括などを行っている。